月別アーカイブ: 2019年9月

JETBOIL の謎 -The mystery of JETBOIL-

JETBOIL という商品がある。アウトドア用ガス缶(OD 缶、T 型缶)を利用し、2,3分で 500 ml のお湯が沸かせる、また、消費ガスも少ないというものだ。燃焼効率と、ガスの消費量について、良く分からない点があるので調べてまとめてみた。

主に、2019年09月現在の、JETBOIL フラッシュ、JETBOIL ジップ、ジェットボイルミニモという製品について記述する。

JETBOIL フラッシュ

JETBOIL フラッシュは、現行最速で沸騰に到達させられる製品である。

JETBOIL フラッシュ の商品ページからいくつか引用する。

※1)周囲温度20℃、無風の条件下で、500mlの水を加熱した状態の沸騰到達時間。(ジェットボイル社調べ)

容 量 1.0L
重量 440g (ガスカートリッジを除く)
サイズ φ10.4cm×高さ18cm(収納時)
沸騰到達時間 1分40秒 (0.5L)
出 力 2269kcal/h
ガス消費量 約139g/h
素材 アルミニウム(クッカー本体)

である。商品外箱には PERFORMANCE として、

  • 500 ml 2cups = 100 sec
  • 100 g (gas) = 60 min
  • 100 g (gas) = 500ml 2 cups x 20*
    * Maximum boils based on stove, use and condition.

とある。「500 ml 2cups = 100 sec」以外はどこかに近似がありそうなので、正確と断言ではできないが、これが公称値だ。100 g のガス缶で、10 L の水が沸かせるのである。

表を信用するならば、ガスの熱変換効率は
2269 kcal/h / (139 g/h) = 16.32 kcal/g
程度ということになりそうである。

0.5 L の沸騰に必要な熱量は
2269 kcal/h / (60 min/h) * (1+40/60 min) = 63.0 kcal
である。

JETBOIL ジップ

JETBOIL ジップは、コストパフォーマンスを追求した製品である。

JETBOIL ジップ の商品ページからいくつか引用する。

ジェットボイル最大のメリットである高い熱効率はそのままに、必要最小限の機能に絞ることで高いパフォーマンスを実現しています。
※自動点火装置が付いていないため、点火にはマッチやライターが必要です

容 量 0.8L(調理容量は0.5L)
重量 400g (ガスカートリッジを除く)
サイズ 直径10.4cm×高さ16.5cm(収納時)
沸騰到達時間 約2分30秒 (0.5L)
出 力 1134kcal/h
ガス消費量 約100g/h
「ジェットパワー100G」1缶で約12Lの水を沸騰可能
素材 アルミニウム(クッカー本体)

ということである。こちらは、1缶12Lだ、ということは、こちらの方が効率が良い?

しかし、出力とガス消費量の比を見てみよう。表を信用するならば、ガスの熱変換効率は
1134 kcal/h / (100g/h) = 11.34 kcal/g
程度ということになりそうである。こちらの方が効率が「悪い」のだ。

0.5 L の沸騰に必要な熱量は
1134 kcal/h / (60 min/h) * (1+40/60 min) = 47.25 kcal
である。この計算だと、こちらの方が効率が良い。

ジェットボイルミニモ

ジェットボイルミニモは、「サーモレギュレートTMテクノロジー」が搭載されているモデルである。-6 ℃ くらいの低温でも、燃焼効率の低下が起きないと、グラフで示されている。

サーモレギュレーター 温度の違いによる燃焼効率

商品特徴は

容 量 1.0L
重量 500g(ガスカートリッジを除く)
サイズ 直径12.7cm×高さ15.2cm(収納時)
沸騰到達時間 2分15秒(0.5L)
出 力 1,512kcal/h
ガス消費量 約120g/h
「ジェットパワー100G」1缶で約12Lの水を沸騰可能
素材 アルミニウム(カップ本体)

となっていて、表を信用するならば、ガスの熱変換効率は
2512 kcal/h / (120g/h) = 12.6 kcal/g
程度ということになりそうである。ジップよりは効率が良いのだ。

0.5 L の沸騰に必要な熱量は
1512 kcal h / (60 min/h) * (2+15/60 min) = 56.7 kcal
である。ジップより効率が…悪い。何かおかしいのではないか?

ntfsclone と socat で、リモートクローン

ntfsclone と socat で、リモートクローン

dd は良いツールだが、遅い。USB 2.0 で 500 GB のコピーに3時間を要する。高速化したい。

ntfs パーティションのデータは、ntfsclone を上手に使えば早い、あとは、データを、中間ファイルはなく高速転送したい。pv を必要に応じて挟んでほしい。

受け取る側は、こうする

socat tcp-listen:10000 STDOUT | lz4 -d | ntfsclone --restore-image --overwrite /dev/sda3 -

送る側は、こうする

ntfsclone --save-image -o - /dev/sda3 | lz4 | socat STDIN tcp:192.168.1.159:10000

socat は、ssh -c arcfour なんかを使った方が確実ではある。