JETBOIL の謎 -The mystery of JETBOIL-

JETBOIL という商品がある。アウトドア用ガス缶(OD 缶、T 型缶)を利用し、2,3分で 500 ml のお湯が沸かせる、また、消費ガスも少ないというものだ。燃焼効率と、ガスの消費量について、良く分からない点があるので調べてまとめてみた。

主に、2019年09月現在の、JETBOIL フラッシュ、JETBOIL ジップ、ジェットボイルミニモという製品について記述する。

JETBOIL フラッシュ

JETBOIL フラッシュは、現行最速で沸騰に到達させられる製品である。

JETBOIL フラッシュ の商品ページからいくつか引用する。

※1)周囲温度20℃、無風の条件下で、500mlの水を加熱した状態の沸騰到達時間。(ジェットボイル社調べ)

容 量 1.0L
重量 440g (ガスカートリッジを除く)
サイズ φ10.4cm×高さ18cm(収納時)
沸騰到達時間 1分40秒 (0.5L)
出 力 2269kcal/h
ガス消費量 約139g/h
素材 アルミニウム(クッカー本体)

である。商品外箱には PERFORMANCE として、

  • 500 ml 2cups = 100 sec
  • 100 g (gas) = 60 min
  • 100 g (gas) = 500ml 2 cups x 20*
    * Maximum boils based on stove, use and condition.

とある。「500 ml 2cups = 100 sec」以外はどこかに近似がありそうなので、正確と断言ではできないが、これが公称値だ。100 g のガス缶で、10 L の水が沸かせるのである。

表を信用するならば、ガスの熱変換効率は
2269 kcal/h / (139 g/h) = 16.32 kcal/g
程度ということになりそうである。

0.5 L の沸騰に必要な熱量は
2269 kcal/h / (60 min/h) * (1+40/60 min) = 63.0 kcal
である。

JETBOIL ジップ

JETBOIL ジップは、コストパフォーマンスを追求した製品である。

JETBOIL ジップ の商品ページからいくつか引用する。

ジェットボイル最大のメリットである高い熱効率はそのままに、必要最小限の機能に絞ることで高いパフォーマンスを実現しています。
※自動点火装置が付いていないため、点火にはマッチやライターが必要です

容 量 0.8L(調理容量は0.5L)
重量 400g (ガスカートリッジを除く)
サイズ 直径10.4cm×高さ16.5cm(収納時)
沸騰到達時間 約2分30秒 (0.5L)
出 力 1134kcal/h
ガス消費量 約100g/h
「ジェットパワー100G」1缶で約12Lの水を沸騰可能
素材 アルミニウム(クッカー本体)

ということである。こちらは、1缶12Lだ、ということは、こちらの方が効率が良い?

しかし、出力とガス消費量の比を見てみよう。表を信用するならば、ガスの熱変換効率は
1134 kcal/h / (100g/h) = 11.34 kcal/g
程度ということになりそうである。こちらの方が効率が「悪い」のだ。

0.5 L の沸騰に必要な熱量は
1134 kcal/h / (60 min/h) * (1+40/60 min) = 47.25 kcal
である。この計算だと、こちらの方が効率が良い。

ジェットボイルミニモ

ジェットボイルミニモは、「サーモレギュレートTMテクノロジー」が搭載されているモデルである。-6 ℃ くらいの低温でも、燃焼効率の低下が起きないと、グラフで示されている。

サーモレギュレーター 温度の違いによる燃焼効率

商品特徴は

容 量 1.0L
重量 500g(ガスカートリッジを除く)
サイズ 直径12.7cm×高さ15.2cm(収納時)
沸騰到達時間 2分15秒(0.5L)
出 力 1,512kcal/h
ガス消費量 約120g/h
「ジェットパワー100G」1缶で約12Lの水を沸騰可能
素材 アルミニウム(カップ本体)

となっていて、表を信用するならば、ガスの熱変換効率は
2512 kcal/h / (120g/h) = 12.6 kcal/g
程度ということになりそうである。ジップよりは効率が良いのだ。

0.5 L の沸騰に必要な熱量は
1512 kcal h / (60 min/h) * (2+15/60 min) = 56.7 kcal
である。ジップより効率が…悪い。何かおかしいのではないか?

ntfsclone と socat で、リモートクローン

ntfsclone と socat で、リモートクローン

dd は良いツールだが、遅い。USB 2.0 で 500 GB のコピーに3時間を要する。高速化したい。

ntfs パーティションのデータは、ntfsclone を上手に使えば早い、あとは、データを、中間ファイルはなく高速転送したい。pv を必要に応じて挟んでほしい。

受け取る側は、こうする

socat tcp-listen:10000 STDOUT | lz4 -d | ntfsclone --restore-image --overwrite /dev/sda3 -

送る側は、こうする

ntfsclone --save-image -o - /dev/sda3 | lz4 | socat STDIN tcp:192.168.1.159:10000

socat は、ssh -c arcfour なんかを使った方が確実ではある。

New XPS 15 2-in-1 レビュー

デルアンバサダープログラムに参加

デルアンバサダープログラムというのがあって、応募してみたら当選した。New XPS 15 2-in-1 の貸与を現在受けている。

プロセッサー Core i7-8705G
RAM 16GB DDR4-2400MHz
SSD 512GB M.2 2280 PCIe
Graphics Radeon RX Vega M GL 4GB HBM2
Display 15.6 inch 4K Ultra HD 3840 x 2160 Touch IPS
重量 1.98 kg+

こんな感じのスペックである。Vega M は、Open CL も走るし、使い勝手はかなりいい。

細かく見ていく。

持ち歩きには重い。半デスクトップのように利用している人には向いていると思う。2-in1 的に畳んでみたが、片手持ちを続けるには重い。ただ、下手なタブレット PC と2台持ちするくらいなら、これ1台にするのはありだと思う。

(書き途中)

 

キーボードは、押し込みが非常に短い、タッチ感はとても軽く、力をかけないタイピングに慣れている人は問題がなさそうだ。キーを強く叩く癖がある人にとってはちょっと辛いかもしれない。ただ、これは好みなのだと思うが、私は ThinkPad のキーボードの方が好きである。2-in1 にするために、軽量化、薄型化をして、その結果だと考えると、評価できるレベルだと思う。マイクのミュートボタンは欲しかった。

DAZN について

DAZN は ダゾーン と読むらしい。「ダズン」としか読めなかった。だぞーんだぞーん…つまらん。

DAZN のプロモーションコードがついていたので、利用してみた。クレジットカードは登録を避ければ、クレジットカードの登録をせずに、DAZN のアカウントを作成できる。

カープとジャイアンツが試合をしていた。強いカープファンではないのだが、根っからのアンチ巨人なので、巨人が負ける瞬間を見ることができてとてもよかった。

ヒーローインタビューの後、四角く DAZN と表示され、謎の音楽が流れた状態がずっと続いた。恐らく放送終了なのだと思うが、一般の TV でいう CM のようなもので、ライブ映像に戻るかもしれないと思って5分くらい待っていたが、結局何も変わらないままだった、つまり、終わりだったのだろう。「放送終了です」というテロップくらい流してくれたらよいのにと思った。

音が若干右寄りに出てくるように感じたが、配信動画のせいなのか、筐体のせいなのかはちょっと判別がつかなかった。

サウンドのテストをしてみたが、右スピーカーからの音は大きくて、少し割れる。外れを引いたのだろうか。音量や鳴り方は特段悪くはないが、割れたら全部パアだ。だめだ。

さて、全画面表示にすると、GPU、CPU ともにそれなりに利用されるが、Core-i7 は、その程度では引っかかるようなことはない。スペックは動画視聴程度には負けない。GPU は Intel HD が 50~60% 程度利用されていた。Intel HD でいけるのなら、それでいい。

画質調整はできないらしい。調べたところ、フル HD くらいのようだ。初めから高画質に撮像された、YouTube を見慣れている人にとってはいまいちの可能性があるが、地デジの代わりに PC でストリーミングで動画を見る…というレベルの人にとっては、大きな問題にはならないと感じる。少々粗くてもよいだろう。

ディスプレイの縁が細く、かなり画面が広く感じられるのはとても良い。

#デルアンバサダー #デルでDAZN

mingw クロスコンパイル時に windres エラーが出るときの解決法

OpenCV のクロスコンパイルをしているときに、windres が見つからないというエラーが出た。普通、クロスコンパイルする際に、GCC や G++ (GXX) の設定はするが、リソースコンパイラというものも設定しなければいけなかったようで、そこにはまってしまった。結構エラーで困っている人は多いようなので、書いてみる。

CMAKE の設定として書いているが、他の環境でも役立つはずである。

どうやら

  1. -DCMAKE_SYSTEM_NAME=Windows
  2. -DENABLE_PRECOMPILED_HEADERS:BOOL=OFF
  3. -DCMAKE_C_COMPILER=i686-w64-mingw32-gcc-7.3-posix -DCMAKE_CXX_COMPILER=i686-w64-mingw32-g++-posix -DCMAKE_RC_COMPILER=i686-w64-mingw32-windres

の3つくらいをやっておけばよいようだ。最後のうち、RC_COMPILER の設定は、よく考えればアタリマエではあるはずなのだが、なかなか気づけなかった。VC++ とか使ったことがないし…。
2つ目は、エラーが出なければ入れなくても良いと思う。

私が実際に投げたコマンドは以下である

cmake -DENABLE_PRECOMPILED_HEADERS:BOOL=OFF -DCMAKE_SYSTEM_NAME=Windows -DCMAKE_CXX_COMPILER=i686-w64-mingw32-g++-posix -DCMAKE_C_COMPILER=i686-w64-mingw32-gcc-7.3-posix -DCMAKE_RC_COMPILER=i686-w64-mingw32-windres -D CMAKE_BUILD_TYPE:STRING=RELEASE -D BUILD_SHARED_LIBS:BOOL=ON -D CMAKE_CXX_FLAGS:STRING="-pipe -O2 -std=gnu++14 -Wa,-mbig-obj" -D CPU_DISPATCH:STRING="SSE4_1;SSE4_2;" -D WITH_ITT:BOOL=OFF -D WITH_IPP:BOOL=OFF -D WITH_OPENMP:BOOL=ON -D WITH_OPENGL:BOOL=ON -D ENABLE_FAST_MATH:BOOL=ON -D BUILD_PERF_TESTS:BOOL=OFF -D BUILD_TESTS:BOOL=OFF -D BUILD_EXAMPLES:BOOL=OFF -D CMAKE_INSTALL_PREFIX:PATH=/home/tako/progs/opencv-3.4.5_install_mingw32/ -D OPENCV_EXTRA_MODULES_PATH:PATH=/home/tako/progs/opencv_contrib-3.4.5/modules/ -DOPENCV_ENABLE_NONFREE:BOOL=ON -DENABLE_PRECOMPILED_HEADERS:BOOL=OFF -G Ninja ../opencv-3.4.5/
ninja -v -j3 install

ninja は早かった。ninja が不要な人は -G Ninja を外せばよい。

cygwinでcmakeを利用したwindowsアプリケーションのビルド に

# クロスコンパイルのターゲットのシステム名
SET(CMAKE_SYSTEM_NAME Windows)

# クロスコンパイラ等の設定
SET(CMAKE_C_COMPILER i686-w64-mingw32-gcc)
SET(CMAKE_CXX_COMPILER i686-w64-mingw32-g++)
SET(CMAKE_RC_COMPILER i686-w64-mingw32-windres)

#Cフラグの設定
#ビルドタイプに共通の設定
set(CMAKE_C_FLAGS "-Wall -Wextra")
set(CMAKE_CXX_FLAGS "-Wall -Wextra")
#Debugビルドに利用する設定
set(CMAKE_C_FLAGS_DEBUG "-g3 -gdwarf-2")
set(CMAKE_CXX_FLAGS_DEBUG "-g3 -gdwarf-2")

# ビルド環境(cygwin)での、ターゲット用の環境の場所
SET(CMAKE_FIND_ROOT_PATH /usr/i686-w64-mingw32)

# cmakeのFIND_XXX() コマンドのデフォルト設定
set(CMAKE_FIND_ROOT_PATH_MODE_PROGRAM NEVER)
set(CMAKE_FIND_ROOT_PATH_MODE_LIBRARY ONLY)
set(CMAKE_FIND_ROOT_PATH_MODE_INCLUDE ONLY)

ときちんと書いてあったので、これを見て助けられた。数時間意味が分からず彷徨ってしまった。感謝したい。

Instruction

Give cmake options:

  1. -DCMAKE_SYSTEM_NAME=Windows
  2. -DENABLE_PRECOMPILED_HEADERS:BOOL=OFF
  3. -DCMAKE_C_COMPILER=i686-w64-mingw32-gcc-7.3-posix -DCMAKE_CXX_COMPILER=i686-w64-mingw32-g++-posix -DCMAKE_RC_COMPILER=i686-w64-mingw32-windres

Don’t forget to set CMAKE_RC_COMPILER when you encounter windres errors. 2. may be deletable.